夏休みのしめくくりは初生衣神社 ・濱名惣社で旧暦七夕祭にお越しください
0

     

    7月7日は「七夕(たなばた)」ですねぴかぴか

    でも本当の七夕は旧暦の7月7日。

    今年は8月28日(月)ってこと、ご存じでしょうか?

     

    実は、浜松市北区三ヶ日鎮座の「初生衣神社(うぶぎぬじんじゃ)」は、

    「七夕」の神様「天棚機姫神(おりひめさま)」をお祀りする神社で、

    現在もアパレル関係の企業等から篤い崇敬を受けている神社なんですよ星

     

    本日、この春から初生衣神社の宮司に就任された、

    「鈴木」宮司様と

     

    旧暦七夕に近い、夏休み最後の土曜日(8/26)か日曜日(8/27)に、

    初生衣神社と、お隣の「 濱名惣社神明宮」二社合同で、

     

    「七夕」に寄せた先人達の思いを、

    日本の未来を担う子ども達や、

    皆さんにお伝えしたい!との思いで、

    「旧暦七夕イベント」を開くお話をさせて頂きました。

     

     

    どんなことをするのかは、これからリリースしていきますね!

    夏休みのしめくくりは、ぜひ!

    「初生衣神社」「 濱名惣社神明宮」合同の七夕イベントで楽しみましょうムード

     

    初生衣神社には興味深いお話がいっぱいでするんるん

    鈴木宮司から、どんなお話が聞かせて頂けるのか、楽しみです!

    もちろん「菊理」は雅楽を演奏しますよぴかぴか

     

    詳しくは決まり次第随時ご案内しますが、まずはお知らせまで。。

     

     

    「菊理」は雅楽を初めとする日本の伝統文化をナビゲートします。

    http://gagaku-kukuri.com

    posted by: 菊理 | イベント・ライブ・演奏会 | 20:24 | comments(0) | - |
    豊橋賀茂しょうぶ園で満開の花菖蒲に囲まれ雅楽を演奏
    0

       

      梅雨に入って初めての雨降りですが、各地で被害が心配されるほどの大雨。

      大きな被害が出なければと思います。

       

      最近仕事や所用で、なかなかブログも進みませんでしたがあせあせ

      先週の日曜日(6月11日)は、豊橋市主催「花しょうぶまつり」で、

      豊橋雅楽愛好者衆「千里:せんり」のメンバーと一緒に、

      雅楽の演奏を楽しんできましたるんるん

       

      「千里」は昨年設立10周年を迎えた、自由参加の雅楽団体です。

       

      この「花しょうぶまつり」には設立当初から参加しているので、
      毎年楽しみに来て下さるファンの方も多く、
      年々ギャラリーが増えています。

       

      演奏するメンバーも、毎回とても楽しみにしている、初夏の恒例行事ですおはな

       

       

      千里は例年「花しょうぶまつり」期間の後半に出演します。

      花の見頃を過ぎてしまう年もあるのですが、今年はこれまでにないほど満開!!

      色とりどりの花菖蒲に囲まれ、とても気持ちよく演奏できましたムード

       

       

       

      もちろん来年も「千里」で参加します!

      大勢のギャラリーの前で、煌びやかな狩衣や直垂などの装束を身にまとい、
      優雅な雅楽を披露します。

       

      初心者でも演奏できる「越殿楽:えてんらく」などの基本曲を中心に演奏しますので、
      来年は、ぜひあなたも私たちと一緒に雅楽を演奏しませんかぴかぴか

       

      楽器経験なくても、楽譜が読めなくても大丈夫!

      10代〜80代まで幅広いメンバーで、和気あいあいと雅楽を楽しんでいます。

      まずは、雅楽ワークショップで「体験」してくださいねかわいい

       

      次回の雅楽ワークショップ寺子屋は、6月24日(土)13〜16時、

      7月は、7日(金)13〜21時、22日(土)13〜16時です。

      場所は、豊橋市三の丸会館です。

       

      詳しくは、こちらをご覧くださいね→「雅楽ワークショップ寺子屋」

       

       

       

      雅楽二重奏「菊理」は、雅楽をはじめとする、
      いろいろなジャンルの日本文化をプロデュースしています。

      http://gagaku-kukuri.com/雅楽二重奏「菊理」

      posted by: 菊理 | イベント・ライブ・演奏会 | 11:35 | comments(0) | - |
      「灯籠で飾ろう二川宿」のPVに「雅楽二重奏 菊理」が出演!
      0

         

        愛知県豊橋市の旧東海道「二川宿」で開催される灯りのイベント「灯籠で飾ろう二川宿」のプロモーションビデオが流れ始めました。

        JR豊橋駅改札前のハイビジョンや、YouTubeでご覧いただけます。

         

        15秒ほどの短いムービーの10秒くらいのところで、菊理が雅楽を演奏しています。

         

         

        灯籠の灯りは幻想的で、こころが和みます。

         

        夏のひととき、ゆらゆら揺れるほのかな灯と、灯籠の灯に照らし出される「菊理」の奏でる、神様への祈りの音楽を楽しみに来てくださいね。

         

        <第6回 灯籠で飾ろう二川宿HP>

        https://toromatsuri.jimdo.com

         

         

        菊理の奏でる音楽は、和みの音色です。

        http://gagaku-kukuri.com/神様音楽

        posted by: 菊理 | メディア | 08:13 | comments(0) | - |
        三河一之宮砥鹿神社様にて朔日詣りの雅楽奏楽を致しました
        0

           

          本日は水無月朔日。

           

          三河國一之宮砥鹿神社さまにて、朔日詣りの雅楽奏楽ご奉仕をさせて頂きました。

           

          「朔日詣り」とは、砥鹿神社さまにて毎月一日の朝6時より、

           

          宮司様が「家内安全」「身体健全」「諸難防除」の祈願を

           

          ご奉仕してくださる御祈祷です。

           

          朝6時という早朝にもかかわらず、毎月多くの参拝者の方がお越しになる、

           

          神聖な神前で雅楽を奏楽奉仕させて頂くのは、とても有難く、身が引き締まる思いです。

           

           

          今回菊理は「笙」2管で奏楽させて頂きました。

           

           

          菊理は神様の音楽「雅楽」で、皆さまの願いをお届けします。

          http://gagaku-kukuri.com/雅楽二重奏「菊理」

           

          posted by: 菊理 | 神社仏閣 | 18:29 | comments(0) | - |
          静岡県三ヶ日鎮座「初生衣神社おんぞ奉献団」 最終章
          0

             

            「おんぞ奉献団」最後の目的地は商人の町「近江八幡」。

             

             

            風情のある町並みをそぞろ歩き、

             

             

            まずは「日牟禮八幡宮」を参拝。

             

            あとはこの旅の締め括りを残すだけですが、

             

             

            右に和菓子の「たねや日牟禮乃舎」、

             

             

            左にバームクーヘンで有名な、洋菓子の「CLUB HARIE(クラブハリエ)日牟禮館」。

             

             

            さてさて、どちらにしようか、、

             

            いえいえ、迷わず「クラブハリエ」一直線!

             

             

            素敵な雰囲気のカフェテラスで、本日のデザート「ヴァシュラン」の、ラスト一つをゲット!

             

             

            おかげ横町、赤福本店の「赤福餅」に始まり、

            クラブハリエ日牟禮館で絶品デザート「ヴァシュラン」で締め括り。

            奉献団二日目は、とても和やかな楽しい一日でした。

             

            神様のお召し物「御衣:おんぞ」を伊勢神宮に奉献するという、

            由緒正しい重大な御用に携われたという幸せは勿論のこと、

            多くの神様にご挨拶させて頂き、多くの方々とご縁を頂いた「おんぞ奉献団」。

             

            次回以降も、できる限り参加させて頂けたらと思います。

             

             

            「菊理」は神様の音楽「雅楽」を通じて、
            皆様の願いや祈りを神様にお届けするお手伝いをします。

            http://gagaku-kukuri.com/雅楽二重奏「菊理」

            posted by: 菊理 | 歳時記 | 09:50 | comments(0) | - |
            静岡県三ヶ日鎮座「初生衣神社おんぞ奉献団」 その伍
            0

               

              「静岡県浜松市三ヶ日:初生衣(うぶぎぬ)神社」、

              「愛知県豊橋市:湊町神明社」合同

              「おんぞ奉献団」の第二日目公式行事は、東寺真言宗大本山「石山寺」の拝観からでした。

               

              石山寺は滋賀県大津市にあり、「西国三十三所観音霊場」第十三番札所です。

              雅楽にも深いゆかりのある、平安時代の代表文学作品「源氏物語」の作者、

              「紫式部」が、参籠し物語を書き始めた場所でもあり、

              広大な境内は歴史的な建物や故実、季節の草木にあふれています。

              また改めて、ゆっくり訪れたい場所でした。

               

               

              「石山寺」で昼食後、訪れた先は

              伊勢神宮がお祀りする天照大神の第一皇子神

              「正哉吾勝勝速日天忍穂耳大神(マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノオオカミ)」御祭神の、
              滋賀県東近江鎮座「太郎坊・阿賀神社(通称:太郎坊宮)」です。

               

              こちらは勝利を象徴する神様で、
              古くは「聖徳太子」「源義経」なども崇敬参拝したと伝えられています。
              現代ではプロスポーツ選手、一流有名企業経営者、政治家などもご利益を求めて参詣し、
              参集殿には、オリンピックで活躍したレスリング「吉田沙保里」選手などの、
              アスリートが参拝した際の記念写真なども飾られていました。

               

               

              本殿に至る石段は740段!
              私たち「おんぞ奉献団」は中腹までバスで登りましたが、
              これを登り切るには、アスリートのような筋力と心肺能力が必要でしょうね。
              この険しさから、「太郎坊」と呼ばれる「天狗」が守護する宮と言われ、
              多くの修験者がこの霊山で修行をしたという歴史もうなずけます。

               

               

              息を切らして登り切った、本殿から見渡す下界は
              なんとも壮観な眺めでした。

               

               

              「菊理」は演奏だけではなく、「源氏物語」に代表される
              「平安時代の文学」と「雅楽」とのかかわりなど、
              平安文化を楽しく分りやすく解説する、「カルチャーコンサート」のご依頼も承っています。
              posted by: 菊理 | 歳時記 | 09:27 | comments(0) | - |
              静岡県三ヶ日鎮座「初生衣神社おんぞ奉献団」 その四
              0

                 

                「おんぞ奉献団」2日目は、自由参加の伊勢神宮内宮早朝参拝から。

                 

                伊勢神宮は内宮、外宮共に早朝5時から参拝できます。

                日中は平日でも参拝客で人の絶えない参道も、早朝は人もまばらです。

                清々しい雰囲気の中、ゆったりと神様に朝のご挨拶ができました。

                 

                 

                せっかくのお伊勢参りですから、手水舎での清めではなく、清らかな聖水をたたえる五十鈴川でお清めしましょう。

                 

                 

                清々しく、神様に朝のご挨拶を終えたあとのお楽しみは、やはりこれですね!

                 

                 

                おかげ横町の赤福本店で、五十鈴川を眺めながら口にする赤福餅は、また格別です。

                 

                 

                宿泊した神宮会館には見事なバラ園があり、なんとも素晴らしく咲き誇っていました。

                私は、毎年6月初頭に催される「伊勢神宮雅楽講習会」に参加する際には、必ずこちらの神宮会館を利用しますが、その時期には既に見頃を過ぎてしまっていたので、こんな見事なバラ園の様子は見たことがありませんでした。

                これも「おんぞ(御衣)奉献」の御利益ですね。

                 

                 

                「菊理」は、神さまの音楽「雅楽」を楽しく分りやすくナビゲートします。

                皆さんも「菊理」と一緒に「雅楽」を楽しみませんか。

                http://gagaku-kukuri.com

                posted by: 菊理 | 歳時記 | 22:34 | comments(0) | - |
                静岡県三ヶ日鎮座「初生衣神社おんぞ奉献団」 その参
                0

                  (左側:湊町神明社 大村宮司  右側:初生衣神社 鈴木宮司)

                   

                   

                  伊勢神宮司廳に神御衣(かんみそ:神様のお召し物)を奉献し、

                  内宮正宮御垣内正式参拝、神楽殿で神楽奉納、外宮参拝、

                  倭姫宮(やまとひめのみや)参拝、猿田彦神社正式参拝と、

                   

                  予定に沿って諸宮参拝をつつがなく務め、宿舎の神宮会館へ入り、

                  一日目の締め括り行事「直会:なおらい」です。

                   

                   

                  豊橋市湊町鎮座「湊町神明社:大村宮司」のご挨拶、

                  静岡県浜松市三ヶ日鎮座「初生衣(うぶぎぬ)神社:鈴木宮司」のご挨拶に続き、

                  伊勢神宮御料酒「白鷹」で乾杯。

                   

                  大村宮司は豊川市一宮鎮座・三河一之宮「砥鹿神社」の筆頭禰宜も兼務されておられます。

                  砥鹿神社では毎月一日の早朝に「朔日詣り」が斎行されており、私も都合のつく限り雅楽奏楽を奉仕させて頂いています。

                  その際、大村禰宜のお顔は拝見し存じ上げてはおりましたのですが、この機会にようやくご挨拶が叶いました。

                   

                  私は「おんぞ奉献団」初参加ということで、持参した龍笛で「越殿楽:えてんらく」を演奏し、皆様にご挨拶をさせて頂いたところ、大変お喜び頂き、おかげさまで有り難いことに、多くの諸先輩方よりお声を掛けて頂け、充実のうちに「おんぞ奉献団」一日目を締め括ることができました。

                   

                   

                  「菊理」は「雅楽」を分りやすく、同じ事を何度聞かれても、分るまで親切丁寧に指導します。

                  http://gagaku-kukuri.com/ワークショップ

                   

                   

                   

                   

                  【初日番外編】

                  初生衣神社おんぞ奉献団の世話役のお一人でもあり、「菊理」が個人的にもお世話になっている、ITコーディネータ和田さんのお誘いで、

                   

                   

                  直会後に和田さんご贔屓の「美味いもの処 武雷庵」に数人で繰り出したところ、連絡の行き違いか手違いでお店が空いておらず、お楽しみが流れてしまいましたが、

                   

                   

                  部屋へ戻って「大人の遠足」の夜は更けて行きましたとさ。

                   

                   

                  私は6月2日から6日開催の伊勢神宮雅楽講習会参加時に「武雷庵」リベンジしてみようかな。

                  posted by: 菊理 | 歳時記 | 17:38 | comments(0) | - |
                  静岡県三ヶ日鎮座「初生衣神社おんぞ奉献団」 その弐
                  0

                     

                    内宮到着後、早速に伊勢神宮の事務業務を担当する神宮司廳において「神御衣(かんみそ)奉献式」が厳かに執り行われ、参集殿にて昼食と若干の休憩をし、空模様が心配される雰囲気のうちに、内宮正宮御垣内正式参拝、神楽殿にての神楽奉納を順次つつがなく務めましたが、神楽奉納中、突然強い雨が降り出し、神楽が終わり神楽殿から外に出る時には綺麗な青空が広がるという、奇跡のような出来事も、伊勢の神々の成せる技と感じざるを得ませんでした。

                     

                     

                    その後、静岡県浜松市の「初生衣(うぶぎぬ)神社」、愛知県豊橋市の「湊町神明社」の両「おんぞ奉献団」は外宮を参拝。

                     

                     

                    続いて、伊勢神宮を伊勢の地に創建し、後の斎宮の祖となる「倭姫」がご祭神の、

                    別宮「倭姫宮(やまとひめのみや)」を参拝し、

                    ※「倭姫宮:http://www.isejingu.or.jp/about/naiku/yamatohime」(伊勢神宮HPより)

                     

                     

                    さらに続いて、「導きの神」として知られる「猿田彦大神」を祀る「猿田彦神社」を正式参拝。

                    ※ 猿田彦神社HP:http://www.sarutahikojinja.or.jp

                     

                    第一日目の参拝予定を、全て無事終了しました。

                     

                    猿田彦神社では旧知の若手神主さんと再会し、ますます頼もしくなられた姿に、思わず笑みがこぼれたことは、言うまでもありません。

                     

                     

                    また、猿田彦神社の境内には「猿田彦大神」の妻とも言われ、芸能の神様「天宇受売命:あめのうずめのみこと」を祀る「佐瑠女(さるめ)神社」があり、私も一層の雅楽上達を祈念して参りました。

                     

                     

                    「菊理」は伶人(雅楽演奏者)を置かない神社様からの演奏依頼をお受けしています。(全国出張可)

                    http://gagaku-kukuri.com/出張演奏

                    posted by: 菊理 | 歳時記 | 07:40 | comments(0) | - |
                    雅楽女子3人ユニット「三人管女」@デイサービス「きんもくせい」
                    0

                       

                      こんにちは。

                      「菊理」の智佳子(嫁)です。

                       

                      今回のブログでは、私がリーダーを務める

                      雅楽女子三人ユニット「三人管女(さんにんかんじょ)」をご紹介しますね。

                       

                      この「三人管女」は、「菊理」のリーダー(旦那さま)が主宰を務める、

                      雅楽愛好者衆「千里(せんり)」から生まれた、

                      雅楽大好きな女子3人で結成したユニットです。

                       

                      三人管女はメンバーが固定されていません。

                      演奏のご依頼があった時に、集まれる女子3人で結成しますので、

                      その時々で演奏するメンバーや、楽器構成も変わります。

                      でも、雅楽という音楽はとてもフレキシブル!

                      どんな編成でも、ちゃんと演奏出来ちゃいます♪

                       

                       

                      「三人管女」デビューとなった、「野依しだれ桜まつり」では、

                      笙(しょう)1名・龍笛(りゅうてき)2名の編成でしたが、

                       

                       

                      第2回目の「デイサービスきんもくせい」では、

                      笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)各1名ずつの編成で演奏しました。

                       

                      三人管女は、いろんなところ、いろんな方々に、もっと雅楽を気軽に聞いて頂きたいとの思いで、

                      デイサービスなどの高齢者施設や、福祉施設、地域コミュニティのイベントやお祭りなど、

                      愛知県豊橋市を中心に、雅楽を演奏しています。

                       

                      華やかな女子三人ユニット「三人管女」も、

                      ぜひ、よろしくお願いします!

                       

                      「三人管女」のホームページ→「三人管女」

                       

                       

                      「菊理」は、雅楽の楽しさを伝えるべく、様々なシーンを演出します。

                      http://gagaku-kukuri.com

                       

                      posted by: 菊理 | 三人管女 | 20:27 | comments(0) | - |